身を置く環境って大切

IMG_4965「三岳(芋)のロックちょーだい」とは、普段からお世話になっている税理士のS先生。先日夜の会食でのこと、個人的には「明るい農村(芋)」の方が好みでした。。。

(※写真と本文は全く関係ありません)

私のクライアントも含めて話は盛り上がり3時間。特に印象深かったのは「仕組まれたV字回復」という箇所。うーん、私の3倍はビジネス経験の長い先輩方々に囲まれ、「むむっ」と世の中の仕組みをまたひとつ知った瞬間が多々。

不動産市場と政治は切っても切れない世界(汗)。

詳しくはもちろん内緒ですが(というか今の私のレベルでは咀嚼できず)、「門前の小僧習わぬ経を読む」という言葉を思い出しつつ、私の日常業務世界とは違う世界の話を伺うという、ありがたい空間に身を置かせてもらっていました。また本業実務とリンクさせて頂きたいところ。

反省は、私のアレンジしたお店の隣が風俗店だったということ(汗)。

「あぁ~見ないでっ」という感じ(大汗)。

時間の都合で下見に行けない場合でも、次からはグーグルストリートビューでの下見もせねばというところ。恐るべし横浜駅界隈、私にとってはアウェー。。

これは失態・・・。

店選び、料理メニュー折衝、店までの交通段取り、場所の確認、全て私の人格が込められるわけで。そこには普段の仕事の段取り具合が透けて見え。だからこそ、疎かにできないところです。とま、上記のことを当然のようにすーっともっと楽しんでやれるようにならないといかんですね。

修行が続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加