よくあるご質問

相談するのに費用は発生しますか?

東京商工会議所当社のセミナーを受講して頂いた方、もしくは書籍・DVDなどを視聴して頂いた方に関しては初回無料(1時間30分)とさせて頂いております。業務依頼の発生しないご相談のみの場合、2回目以降は10,000円頂戴致します。

コンサルティングに関する費用が別に発生しますか?

特に頂戴しておりません。私達が頂戴する費用は、不動産の取引が発生した場合の仲介手数料のみになります。これはどこの不動産会社に依頼されたとしても同じ費用が発生致します。通常の不動産取引に対して、コンサルティングという付加価値をサービスとして提供できるところが、CPMまたはCCIMライセンスを保有する私達不動産コンサルタントの強みです。
(※業務の性質上、仲介手数料ではなくコンサルティングフィーとして費用が発生する場合がございますが、その場合は事前にその旨をご説明させ頂き、業務委託のご判断を頂きます)

不動産投資を始めるにあたり依頼した場合どこまでのサポートをして頂けるのでしょうか?

資金調達をされる場合には金融機関との交渉から手配、そして市場分析や投資分析を前提とした物件選定からご紹介、購入予定の不動産に対して法令上の制限などの調査、重要事項説明書及び契約書のチェックから契約手続き実務、残代金決済までの手続き業務や賃貸管理会社の手配などの、オーナー業が軌道に乗るまでの一切をお手伝いさせて頂きます。

どのような業務を依頼できるのでしょうか?

DSC_7801本ホームページの「プロフィール」のタグから「取扱い業務」をご覧ください。とはいえ、不動産に関することはまずご相談頂ければと思います。弁護士や税理士、そして建築士など各分野に関する専門家の協力が必要と判断した場合は、ネットワークの各専門家と協力しながら、ご依頼頂いた案件に対応させて頂きます。

他の不動産屋さんと何が違うのでしょうか?

コンサルティング能力だと思います。コンサルティング能力とは、実務経験に基づき顧客の相談内容や悩みに対して、最適な解をロジカルに説明できる能力だと考えます。あとは、今まで数多くの相談を受けてきた資産形成に関する圧倒的なデータの集積と実務経験については矜持を持っています。

良い物件情報が欲しいのですか・・・。

申し訳ございませんが、いきなり物件情報のご提供はしておりません。一度、個別相談を受けて頂いたお客様で、コンサルティングを経て方針が決まり、物件選定の業務依頼を受けた方にのみご紹介させて頂いております。資産形成はオーダーメイドであり、どのような物件が最適なのかは、皆様それぞれの目標によって異なるからです。

住宅ローンは繰上げ返済したほうが良いのでしょうか?

資産を拡大されたい方は基本的に、しない方が良いと考えます。これは住宅ローンのK%(調達コスト)が相当低いことが理由です。仮に金利1%の返済期間35年だった場合のK%は3.38%ですが、手元にある資金が仮に1000万だとした場合、他の不動産でCCR10%の運用が実現できれば、住宅ローンを繰上げ返済するよりも年間662,000円得するからです。ただ、K%は年々上昇していきますので、比較して検証することが大切です。(※詳細については直接ご相談ください)

不動産投資って、何から始めて良いのか分からない・・・。

IMG_5187個人属性(勤務先・ご年収等)や自己資金の額、そして資金調達力によって、何が「できるのか」が変わります。つまり、どのような不動産を取得できるのかが決まってくるということです。他者の成功体験が自分にあてはまるとは限りませんので、まずは当社セミナーやDVDで学んで頂くことをお勧め致します。

利回り10%以上の投資用物件が欲しいのですが・・・。

モノには相場というものがあります。私達はキャップレート(期待利回り)と呼びますが、例えば、「このエリアならこれ位の利回りで販売するのが適正か」という目線があるわけです。東京都心と私の出身地である宮崎では入居リスクが違うからです。リスクの高いエリアは販売時の利回りをあげざるをえません。その利回り設定でないと売れないからです。表面利回りの高さ「のみ」を求める物件選定は危険だと考えます。購入時の利回りだけではなく、保有期間中のキャッシュフロー予測や、売却時の想定売却益などを試算した上でIRR(内部収益率)を試算してみることが大切です。

地方の投資用物件も紹介してもらえますか?

現在は首都圏を中心に、首都圏以外ですと弊社大阪支社のある大阪エリアのみになっております。基本的に当社でも管理運営できる物件であることを前提にご紹介しておりますので会社所在地エリアに限定しております。また、人口の推移やインフラ面を考えると、今後東京の価値は益々高まるため、空室率を考慮したFCR(実質利回り)は、地方圏よりも首都圏の方が高くなるケースが多いのが現実です。

海外の投資用物件も紹介してもらえますか?

扱っておりません。幸せの青い鳥は案外近くにいたりするものです。

不動産投資を始めて大家になって、早く仕事を辞めたいのですが可能でしょうか?

DSC_7760どれくらいのキャッシュフローがあれば生活できるのかは個人差がありますが、取得される資産規模次第では十分可能です。ただ、個人的には「仕事」や「今の生活」を、より楽しんで頂くための補助となるものが不動産資産だと考えていますので、リタイアされる際は十分にご検討下さい。リタイアしたものの、リスクの高い資産を保有していたが為に空室が続き、「こんなはずじゃなかった・・・」と、ご相談に見える方もいらっしゃいます。まずは保有資産の状況を精査することが必要です。

1年で10億位の資産を築きたいのですが可能でしょうか?

人生は可能性の追求ですので無理とは言いませんが、結構大変です。それなりの資金調達力と資金が必要になります。不動産で資産形成する場合は、ある程度の時間が掛かりますので、あまり短期間に資産を作りこもうとすると、何でもそうですが、どこかに無理がきます。不動産投資は錬金術ではありませんので、投下できる自己資本、資金調達力、目標までに掛けられる時間によって、おおよその到達できるところが決まってきます。

水面下の投資用物件情報が欲しいのですが・・・。

水面上でも水面下でも、良い物件は一握りということをまずは知る必要があるかと思います。インターネットが発達した今ですが、良い情報というのは今も昔も人伝えです。まずは私達のような専門家のパートナー探しが先だと思います。

自営業ですが、不動産投資用のローンは組めますか?

IMG_7629可能性は十分あります。賃貸用不動産を取得するためのアパートローンというものは、自分で直接金融機関へ打診されるよりも、私達のような専門家経由でアレンジさせて頂いた方が良い結果になることが多いです。これは、普段から数多くの金融機関との関係を築いていることもあり、何かと優遇措置を受けることが現実的に多くあるからです。また、同じ金融機関であっても支店を変えることで、取組みNGがOKになることも珍しくありません。これは、どの融資担当者経由で案件相談を進めるかといった人間関係の機微やタイミングも、資金調達の可否に大きく影響を与えるといった一つの例です。ですので、金融機関内の人事異動にも、敏感にアンテナをはって普段から仕事を進めております。

他の不動産会社にも依頼していますが、御社でも物件探ししてくれますか?

可能ですが、どうしても、私にのみ依頼して下さっている方を優先するのが商売ですし人情です。そういう意味では、今お付き合いされている先に不満があるのであれば、是非その不満をぶつけてみてはいかがでしょうか?言わずに去るという選択肢もありますが、不満や要望を伝えることで対応や関係が改善することも沢山あります。そのように、縁あった自分のパートナーを「育てる」という気概も大切なような気がします。実際に私自身も、各業界においてはプロであり重鎮であったり、ビジネス経験は私以上であったりと、日本全国、本当に色々なクライアント方々から育てて頂いて今があるという意識と感謝の思いがあるからです。

住宅と投資用不動産、どちらを先に購入するべきでしょうか?

基本的にはご自宅を先に購入されたほうが良いと考えます。そのために資金調達を行った場合、年々減っていくローン残債と市場価格のギャップは含み資産となるからです。ただし、過大な住宅ローンを組まれてしまうと、後々、投資用不動産を購入されるにあたっての資金調達の際に足かせとなってしまいますので、あまり無理のない返済額におさまる住宅を取得されるのが良いでしょう。逆に、投資用不動産の取得を先行させた場合には、既存の借入金額の兼ね合いで一般的な金融機関での住宅ローンは組みづらくなる可能性が高いですが、色々と方法はありますので、ご相談ください。住宅取得も資産形成の一歩です。不動産のことは、まずは私達のような専門家に最初からご相談頂くことをお勧め致します。

不動産投資において何か「裏技」はありますか?

A.専門家として長く実務を行っていますと、色々な情報も集まってきますしノウハウも蓄積されていきますので、私達が当たり前のように知っていること、できることが、皆様にとっては「裏技」のように感じることがあるかもしれません。

お酒は好きですか?

はい。

大事にしていることは何ですか?

自分の心構えや考え方次第で、どのような人生にでもすることができるということです。

長い休みがあれば何をしたいですか?

IMG_2981南国でボーっとしたいです。

日焼け止め塗らないでひどいことになった時がありましたね、そういえば(汗)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加