半沢直樹

18

色々と評判のドラマ「半沢直樹」。

普段ドラマは見ないですが、というか見る時間はありませんが、主演の堺さんのいちファンなので気にはなっていたところ、同僚の山内氏より「これ見て」と録画DVDを借りたもんですから、一気に見てしまいました。

んー、「ないない」と思いながらも、面白い。

某メガバンクの融資課長という立場で、組織内の力関係に屈せず、融資焦げ付きのスケープゴートとされそうになっている窮地からの突破劇。色々な方面と闘ってます。責任をなすり付けようとした支店長や計画倒産を起こした貸出先の企業社長などと。

「やられたら倍返し」

「いや、10倍返しだ」

ドラマ内での主人公の台詞ですが、その気概は大切かもしれません。ドラマ内では徹底的に(実は)悪ーい上司(支店長)や企業社長を追い込んでいきます。

と、ネタばれしてもいけませんので、内容についてはこの辺で。

私の立場としては、半沢さんには闘ってもらいつつ、不動産で資産形成されておくこともお勧めしてしまいそうです。勝ち続けられれば良いですが、山あり谷あり、低迷期に支えとなるのは現実的にお金だったりするわけですから。

もちろん、お金があれば幸せになれるわけではありませんが、少なくとも多くの不幸を回避することができるわけです。お金があるときは、もしくはある人は、なかなか気付きませんけども。

調子の良いとき、属性の良い時は、資産形成に資金を投入が大切。

もちろん、買うのが全てではなく、売却してみたり、繰上げ返済も含めてですけれどもね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加