収益構造研究中

7月です。

今年も残すところ半分。確定申告者の皆様は、年末になってバタバタと税金の心配をする前に、今のうちからコツコツと経費化できる活きたお金を使っておきたいものですね。

さて、先日は某デベロッパーさんへ訪問打合せ。
これまた某金融機関さんの紹介です。

それにしても皆さん口を揃えて「物件がないよね」とま、ご相談頂いた案件は某エリアの1棟新築マンションと来たもんですから、私とは相性の合わないゾーンなわけで(汗)。

売れるとは思うのです、市場では。でも、私のクライアント各位に紹介できる価格になるはずもなく・・・。推定FCR3.5%ほど、きっとそれ位の価格を望んでいることでしょう、施主さんは。きっついなぁ、それでは。と言うわけで、やんわりと厳し目の回答を。

区分登記して各部屋ごとに販売した方が、より高く売れるでしょう。
きっと販売業者さんは喜んで扱うことと思います。もちろん、購入者は採算合いませんけれども。。。そしてそれが築10年位して、どこかの業者さんが買取、「仲介手数料不要」「2戸現金で購入して1戸フルローンで買いなさい」なんて感じで販売され随分な高値にも関わらず飛ぶように売れ、そして更に10年位経過して賃料も価格もこなれたところで取得する方もいたりして。

業者さんによって得意不得意、キャラクター様々です。でも選ぶのは皆さんだったりします。

色々ウロウロしていると、ネットワーク形成もありますが、収益構造の吸収というか、仕事の勘所であったりと、学ぶことも多く。面白いものです。

修行が続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加