台風時期の売却案件は決済が待ち遠しい・・・

ブログランキング参戦中!

応援のクリックをお願いします。

ランキング、じわじわ上昇中。

さて、売却のお手伝いをさせて頂くことも多いですが、特に中古の物件というのは、梅雨時、台風時というのは、横雨や風などで建物に被害を受けてしまうこともあり、、、

売主側の立場になった際には、決済が待ち遠しいものです(汗)。

————————————————————————
9/3(土)《名古屋開催》CFネッツ代表倉橋隆行による無料特別講演

2016年 今後の不動産投資、高まるニーズは
————————————————————————
2015年の相続税改正から日銀のマイナス金利導入による、いわゆる資産家の
資産に対する考え方の変化が、都心部の不動産動向に多大な影響を与えている。
また、資産の組み替えによる不動産売却によって供給される地域の地価の下落、
組み換え先の優良不動産価格の高騰は、さらに地域格差の二極化を形成させて
いる。そして2020年の東京オリンピックまでに進められるインフラの整備は、
不動産投資のチャンスと捉えることができ、今後、さらなる二極化と、首都圏
の不動産投資の安定性を向上させることになる。
今回の講演では、短い時間であるが、短決に今後の不動産投資の方向性を
示してゆきたいと考えている。

▼セミナー詳細・お申込みは下記URLより
http://www.cfnets.co.jp/seminar/kongo/2016kongo_toushi.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加