神輿は皆で担ぐから楽しい

ブログランキング参戦中!

応援のクリックをお願いします。

ランキング、徐々に回復中。

ふと、そんな代表倉橋の話を思い出した出社途中。

会社を神輿に例えると、間違いなく神輿にぶら下がる側だった10数年前の私。早く担ぐ側になりたいなと思い続けて行動し続けて、何となく今は担ぐ側の1人になれているかなと、生意気ながら、そんな自負が持てるようになってきた今日この頃。

「神輿は皆で担ぐから楽しい」

とま、あわせて最近は、私の得意とする分野においては私のほうが経験値のあることを、「担ぎ手側になりたい」と、やる気のある若手メンバーへ伝えて、早いところ常に一緒に楽しく神輿を担ぐ側になってもらえるようビシバシ(古い?)サポート行動中。

「恥を知る人になること」

シーエフネッツの行動指針のひとつ。

やはり担ぎ手を目指さねばなりません、ビジネスマンとして仕事師として恥ずかしいから。

さて、修業が続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加