現金贈与が得か不動産贈与が得か

ブログランキング参戦中!

応援のクリックをお願いします。

ありがとうございます。

そういえば先日は、某クライアントの伯母様に身寄りがなく某クライアントが資産の相続を受けるとのことで、最適な方法についてご相談を受ける機会が。

一部の資産については、どちらかというと生前贈与を希望されている両者において、現在は伯母様名義の不動産を伯母様名義のまま売却してから現金贈与がいいのか、伯母様名義から某クライアントへ不動産を贈与してから売却したほうが良いのか、といった内容。

売却して得られる現金にて、組み換え用の運用資産を取得したいというご相談。

さて、どちらが贈与税少ないだろうと。

・・・・。

どちらも相当の贈与税がかかるものの、贈与税を発生させない方法もあったりするわけで。
しかしま、ここから先の詳細は個別相談にて。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加