収益物件に対する融資を強化・・・

IMG_6634というわけで、東海地方に本店を構える某地銀さんがご来社。

過去に取引実績があるため、「まずはCFネッツへ」ということの様子。

・金利 3~3.3%(団信込)
・期間 新築木造30年
中古木造30年可能
(※ただし借入が積算評価以下)
・借入可能枠
合計返済額<(給与収入+家賃収                                     入×60%)×40%~50%
・LTV 100%可能(とは言うものの、ね)

借入金額を積算評価以下にすれば、中古の木造アパートでも最長30年返済を組めるというのは強みでしょうか。自己資金を厚めに入れられる方や、共同担保がある方なんかは、返済期間30年で組み立てられる可能性は高そうです。

ただ、金利はもう少し頑張って頂きたいところ。

自己資金厚めに用意できる方や、共同担保がある方は、他の金融機関の方が条件的には優るよなーと、ボンヤリと考えておりました。

「それって、借入金額が積算評価以下でないと30年返済はNGでしょ」

とは一緒に話を聞いていた野崎CPM

「えっ、そうなんですか?」とは来社してくださった金融機関担当者。

金融機関担当者は定期的に色々な部署を異動しますので、融資商品の内容や歴史については私達アセットコンサルタント陣の方が詳しかったりすることも(汗)。

まずは、ご相談頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加