室内での死亡リスクヘッジ

IMG_6306重要だけれども緊急でないことって、後回しにしがち。何かきっかけがないと腰があがらないものです。

所有の賃貸用不動産の室内で、事件や事故によって入居者が死亡した場合の保障を受けられる保険があります。

賃料5万円以上10万円未満・1室保険料300円/月

アパート2棟所有で合計15室(各賃料6万円)

300円×15室×12ヶ月=54,000円(年額保険料)

この保険に加入することで、事件事故後に影響を受けるであろう部屋の賃料差額分が最大200万(最長1年)、原状回復費用で最大100万などの保障を受けることができます。

戸あたり300円前後の保険料を高いとみるか、安いと見るか・・・。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加