「あー中元さん、あの物件さ、いま売ったらいくらかな?」

P1050119

良いのか悪いのか、南国思い出写真に癒されてみたり。

さて、事業用不動産の購入依頼に限らず、出口戦略ということで売却のご依頼も多く受けるわけですが・・・

■木更津10世帯中古AP+P10台
→表面利回9.5%(現在商談中)

■横須賀4世帯中古AP
→表面利回9%(準備中)
→詳細は「身体はゴツイが心は優しい」アセットコンサルタント呉山氏まで(03-3562-8820)

■大久保10世帯中古AP
→表面利回8.5%(準備中)

■区分バルク5室
→ネット6%位(成約済み進行中)

■相模原8世帯中古AP
→表面利回8.5%(市場公開中)

■軽井沢某エリア別荘地
→相続後処理のため査定中(売却検討中)

他に中古区分ワンルームも多数受託しておりますが、やはり有益な情報は直接該当クライアントにご紹介させて頂くという自分なりの生意気ながら仕事哲学もありまして、上記ではチョイ出しのみでご勘弁ください(汗)。どちらかというと、「あぁ、そんなこともやってるんだー」ということを知って頂きたかったというところ。

図面作成に広告登録、物件調査に契約準備。該当クライアントがいればご紹介に資金調達アレンジと。おっと、投資分析シミュレーションも作成しなければ、あれ、管理会社どこだ?あ、契約書どうなってるんだ、保証会社どこつかってるんだ入居者の滞納はないか引継ぎは出来るのか、え?いまの管理会社が管理解約に応じない?違約金請求してるって?ジェイコム?引継ぎ書類申請しないと、なに電波障害だと・・・・。

ふぅぅぅぅ。

それでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加