旧ジパング住宅ローンへの繰上げ返済

IMG_5536

なまった体がようやくほぐれてきた今日この頃。

週末11日(土)は大阪梅田の弊社大阪支社にて「投資分析」セミナー。脳みそ間に合って良かった(汗)。

(※写真は進行中のアパート案件、現地確認の際のもの)

そういえば、表題の件。

6,7年ほど前、一世を風靡(といっても2ヶ月ほど)した、ノンバンクアパードローン。区分ワンルームに対して、築年数問わず返済期間35年可能ですよと、ん?。今も昔もアパートローンデビューは、こんな感じの規定が多く。

金融機関の規定も、世の中も、人間関係も、変わらないものはなく。柔軟に対応していくだけかと。もっとも、いつしか人生は終わるというのだけは変わりがないのでモタモタしてられず。

さてこのジパングさん、10年間繰上げ返済禁止(!)という規定があったのですが、よくよく確認してみると、「返済額×5%」の違約金支払いで繰上げ返済可能とのこと(一部繰上げ返済時も売却時全額繰上げ返済時も発生)。それプラス20,000円(別途消費税)で手続き出来るようです。備忘録代わりにアップしておきます。ちなみに、10年経過後は、事務手数料20,000円(別途消費税)で繰上げ返済可能です。

金融機関から資金調達する際は、各金融機関、繰上げ返済する際のペナルティが発生したりというのは、よくある話。もっとも、全期間2%(別途消費税)のペナルティというのが、今のところ最長期間&最高手数料率です。(※固定金利期間中は、別途違約金がある場合も)

だから、繰上げ返済手数料が無料って、結構希少なのです。O銀行さん、素敵です。

ちなみに、私も個人的にここから資金調達していますが、K%が低いので、とりあえず当面は放っておくことにします。今のところ繰上げ返済するくらいなら他で運用目指したほうが良いので(汗)。

しかし、35年返済・・・。

K%は下がりますが、ローン元金がなかなか減らないというジレンマも。

全部K%低くしてCF厚くするのも一つの選択肢ですが、古めのやつをポートフォリオに入れ込もうとするのであれば特に、返済期間短めでK%あがっても、さっさと返済するというのも一つの選択肢かと。

何の説明してるんだろ?という方は、直接ご相談ください。

それでは11日(土)、大阪梅田にてお待ちしております!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加