美人を追うよりは?

IMG_4248

S地銀さんが動き出しました。返済比率が年収の50%で金利3%ですから、どちらかというと2手目、3手目向きという感じ。とはいえ期間35年は魅力的。

あ、東京・神奈川在住の方限定です。現在、物件評価を依頼中。相手の物差しを把握しないとこちらも動けません。

というわけで、本日もあっちへウロウロ、こっちへウロウロ。本日は某金融機関の方の紹介で、とある大手仲介会社さんへ伺い、あれこれ色々な土地情報や収益物件情報をご紹介頂くことに。

しかし、土地においてはどれもこれも、「整形地」で「道路付け良し(車庫も確保できて)」で「都心ど真ん中」でと、いわゆる「美人揃い」。。。誰もが憧れるような土地なわけです。となると、当然ながら価格にも反映されてきて坪単価もあがってしまいます。美人をモノにするには金がかかるということでしょうか(汗)。

土地の上に共同住宅を建てて採算の合う収益物件にするには、やはり土地の仕入れ値が安くないと現実的には難しいわけです。安けりゃ安いほどいいですが、モノには相場というものがありますので。

やはり多少相場より割安で仕入れるためには、何かしらのクセが必要。上記であげたのと逆の「不整形地」や「道路付け悪い(車庫確保できず)」や「若干郊外」などなど。どこかしら少し不細工な感じが望ましく。

建てる企画次第では化けるわけで。

見かけで判断は駄目ですね。何とかこう、いいところを引き出せないかと。

誤解を恐れず言えば、人間も土地も同じかと思う今日この頃。

修行が続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加